川合 紘喜

GF CAPITAL PTE.LTD.

Director

■自己紹介

1989年生まれ、東京都出身です。趣味はテニス、ランニング、和食・日本酒、ダイビング、海外旅行

明治大学在学中に公認会計士試験に合格して、2012年に監査法人トーマツのトータルサービス事業部に入所しました。上場企業の監査の他、株式公開支援業務、内部統制構築支援など各種コンサルティング業務に従事しました。

2018年にG-FACTORY株式会社に入社し、子会社統括業務に従事するためGF CAPITALに出向という形で渡星しました。

 

■入会理由

シンガポールで既に経営者として活躍されている先輩方から刺激を頂き、自身の成長の糧とさせて頂きたいと思ったためです。

 

■和僑会に期待すること

9月のWAOJE世界大会に参加いたしました。普段関わることのないバックボーンを持った方、活き活きと自社のビジネスについて熱く語る経営者の方など、様々な方に刺激を頂きました。このような交流をもてるプラットフォームとしての役割を期待したいと思います。

 

■現在の事業内容

日系飲食店の出店サポート業をしています。

飲食店経営者に対して出店時のサポート(内装設備・厨房機器等のリース)、及び、退店時のサポート(居抜物件として内装設備・厨房機器等の買取り等)を実施しています。現在、シンガポールとタイに子会社を設立し、18年11月頃にベトナム(ホーチミン)にも子会社設立予定です。タイでは、現地企業とのマッチング支援や会社設立支援、資本投資支援、人材採用支援も実施しています。今後シンガポールでは、出退店のサポートの他、シンガポールを起点としてASEAN全域をカバーして飲食店のサポート体制を構築する予定です。

  

 

■提供できる情報

シンガポールに着任したばかりなので、あまりご提供できる情報はないかもしれませんが、日本からシンガポール及びASEANへ進出する意欲のある飲食店様の情報はご提供できるかと思います。

そのため、進出サポートをしている会社、会計事務所、法律事務所、人材紹介会社、不動産紹介会社、マーケティング会社、食材卸会社等と協働させて頂ければ幸いです。

 

■実現したい夢、解決したい問題

シンガポールでは既に日系飲食店が多く進出しており、競争が激化している状況かと思います。しかし、まだまだ海外進出のハードルを高く感じている経営者の方がいらっしゃるかと思います。弊社では、内装設備の調達等のハード面や、人材や取引業者の確保、ローカル言語の翻訳や各種法律などのソフトな部分の両面の課題をワンストップで解決し、ASEAN全域への進出をトータルに支援することを目標にしています。まだまだ目標に見合う体制が十分にできているとは言い難いですが、和食文化を世界中に広め、どこでも日本食を食べれる世界を実現したいと思います。

 

■座右之銘

臥薪嘗胆、Stay hungry, stay foolish