萱場 玄

CPA Concierge

ManagingDirector

■自己紹介

シンガポールの会計事務所CPAコンシェルジュ(CPA CONCIERGE PTE LTD)を経営しております萱場(かやば)と申します。

 

日本の大手監査法人で監査を数年、東京共同会計事務所という会計事務所で不動産関連SPCや国際税務などの海外ものを数年、それからTMFというオランダの事務代行会社のジャパンデスクの立ち上げでシンガポールで数年勤務してからそのままシンガポールで独立開業しました。2016年10月時点では(今後も登録し続けるか分からないという意味で)日本の公認会計士と税理士です。

来星時は当地で独立開業するとは微塵も考えていませんでしたが、お客様のコスト最小化&満足度、それから今後の世界経済や家族の未来などを考えると、起業するしかないという結論に達し独立するに至りました。  

趣味があまり無く老後が心配なのですが、現時点ではいかに家族と過ごす時間を減らすことなく仕事を成功させるかということが自分の関心のほとんど全てでして、家族と離れるのがイヤなので一人で日本出張などほとんど行かない軟弱者です。

 

■入会理由・和僑会に期待すること

とあるきっかけにより、登記もしていない会費も集めていない誰が会員かも把握していないという散々たる状況だった4年前からシンガポール和僑会に関わってきました。もともとは営業のきっかけぐらいにしか考えていませんでしたが、4年も運営に関わっていますともう、会に対する愛着と、今後この会がどこまでいくのか未来を見てみたいといった親心のような心境になりつつあります。

「経営者は孤独である」ということは聞いていたものの、独立開業してみると本当に孤独で、私にとっては和僑会はそういった孤独感を共有しつつ切磋琢磨し合えるビジネスサークルのような「仲間の集う場」であるべきで、実際そういうコミュニティーになっています。これからの運営次第では良くも悪くもなる世界の和僑会ですが、大きく上振れする可能性に期待しつつシンガポールを中心に和僑会全体のブランド価値向上に寄与したいなと思っています。 

■現在の事業内容

「便利で正直」をコンセプトに、いわゆるプロフェッショナルサービスと呼ばれる下記のような業務内容を行っています。

 

・現地法人設立、カンパニーセクレタリー業務

・登記住所、オフィススペースの提供

・ビザ申請手続き、給与計算

・記帳代行、決算、監査支援

・法人税、GST、個人所得税申告業務

・その他種々雑多な日常雑務のアウトソース

・日本とシンガポール間の国際税務やシンガポールにおける事業維持などの各種アドバイス

・お客様同士のコミュニケーションの機会提供

・他の会計事務所による業務の進捗・品質管理、セカンドオピニオン提供

  

■実現したい夢・解決したい問題

事業的には今後、様々な方向性を考えています。あっちに向くかこっちに向くか、それともまた時代とともに新しい道ができてそちらに進むのか分かりませんが、時流や機会によって変化していけば良いかなと思います。まずこれから少なくとも1年は組織体制と仕組み作りですが、お客様も社員も自分も家族もハッピーになれるような会社にしていきたいと思います。

解決したいのは和僑会のマンパワーです。運営陣は全員、本業をこなしつつ、いわば無報酬のボランティアで運営活動をしていますが、和僑会の事務作業などのマンパワーが足りていません。​